ブログ

Be-Chu' s Perspective

 

 

 「うちの会社のサイト、アクセス数がどんどん落ちているんだよ…。」
先日、ある社長さんがそんな話をされていました。

サイトはその地域で有名な制作会社さんに作ってもらったそうで、確かにビジュアルデザインとしてはしっかりしたものでした。でも、「このサイトでは無理…」というのが私の感想。サイトの土台に、マーケティングの仕組みが備わっていないからです。

 

その会社は、あるニッチな領域でその県内ナンバーワン、創業から増収増益を続けているとても優秀な会社です。さらに、県内ナンバーワンに甘んじず、今後の人口減少によるマーケット規模縮小を見越して、他県に進出していくための布石もしっかりと打ち始めているばかりでなく、社員の満足度が高かったりと、素晴らしい経営をされていらっしゃいます。

そんなビジネスとして成功されている会社であっても、ビジネスを支えるツールとしてサイトを上手に活用できていない現実がここにあります。

 

 

ウェブやネットは、商品・サービスの紹介の場ではない!?

実は、とても多くの会社が同じ課題を抱えています。

 

このことは、大きなチャンスを逃している点で「もったいない」とも言えます。

また、「ネットの世界には地域の概念がありません。ですから皆さんの会社の競合はその地域内の会社ではなく、日本全国または世界のどこかかもしれませんよ…」と私はいつもお話ししていますが、そういう見方をすれば、大企業や他社が先に手掛けた瞬間に勝負が決まってしまう可能性があるという点で「丸腰のリスク」とも言えます。

多くの会社が同じ課題を抱えてしまっている最大の原因は、ウェブやネット活用を「広告・宣伝・商品サービス紹介」と捉えてしまっているからに他なりません。d(^_^)

自分たちのことを「広く多くの人に知ってもらう」ということ自体は間違っているわけでありませんが、「ウェブやネット活用は、チラシや折り込み広告・パンフレットとはまったく違うもの」という理解の上で組み立てていことがポイントになります。

 

ウェブやネットは、マーケティング活動の母艦

では、どんな位置づけなのか、というと…

ウェブは、広告・宣伝ではなく、「マーケティングの母艦」です。
お客様に対する様々な投げかけの「受け皿」と表現してもいいかもしれません。

広告のように広く知ってもらうための「道具」なのではなくて、知ってもらった人と「長期的なコミュニケーションをする場」です。

 

マーケティングというと「市場調査」や「意識調査」のような「マーケティングリサーチ」を想像される方も多いでしょうが、そうではなくて、マーケティングとはお客さんが買いに来てくれるような仕組みを作ることに他なりません。

※また最近は「○○マーケティング」のように「集客」という意味で利用されることもありますが、この意味よりも少し幅広い考え方になります。

簡単に言うと、商品やサービスに興味がある(ありそうな)方々にお越しいただき、その方々に自社の特徴や他との違いをしっかりと理解していただいて、「それください♪」と買いに来ていただくという仕組み全体のことですね♪d(^_^) 

 

そのためには「自社の立場」をしっかりと理解していただく(=ブランディング)ということが重要になります。

サイトの中にマーケティングの仕組みを組み入れるブランディングだからといって "高級なロゴマーク" が必要なわけではありません。
(競合と比較した時に)お客さんにどういうイメージを持ってもらう必要があるのか、ということです。それには抱いていただくイメージに合わせた「情報の統一」が必要になってきます。

例えば、どこよりも安いのか、他よりも跳び抜けてサポートがいいのか、高いけど安全な材料にこだわっているのか、など…そういうことです。(当然、これは「お客さんのターゲットをどこに置くのか」ということとつながってきますよね♪d(^_^))

このように、商品やサービスに興味のありそうな方々に対して「自社の立場」を理解していただき「それください♪」と買いに来ていただけるような流れと仕組みを作ること、これこそがウェブに必要なことです。

ですから当然、その商品やサービスのお客さんは「誰?」というその会社のビジネスの構造と密接につながってきますし、どういう戦略で興味ありそうな人を集めて「それください♪」までどのように持っていくのか、という緻密な考えも必要になります♪ 

 

どんなに綺麗な写真でキレイなデザインのサイトを作ったとしても、お客さんになって欲しい方に「自社の立場」「他との違い」がしっかりと理解してもらえなければ、残念ながら「それください♪」と買いに来ていただくことにはつながりません…。

 

最初にお話しした会社のサイトは、ビジュアルは合格でも、この仕組みがなく単なる会社&サービス紹介になっていました。ビジネスが俊逸なのにとてももったいないです…。もし制作会社さんが、単にサイトを作るのではなく、このマーケティングの仕組みも踏まえたものを作ってくれていたら、もしくは、この会社の中にマーケティングの仕組みを理解している方がいらっしゃって制作会社さんと一緒に作り上げられていれば、きっと今とは違う結果になっていたのではないかと思います。

ウェブとチラシは目的が違う。ぜひ頭の片隅に♪ d(^_^)

 

 

次回をお楽しみに♪

 

無料メールマガジン、購読申し込み

 

無料メールマガジン
「ネットの活用で、地方が変わる!」

ネットに関する様々な情報を「地方」という視点で捉えて、地方のネット活用に活かせるヒントをお伝えします。購読無料で、解除も自由です。
お気軽にご登録ください。

 

 

無料ニュースレターのお申し込み

 

無料ニュースレターをお送りしています(月1回発行)

地方目線で、ネットの活用やネット集客について紹介する月に一度のニュースレターをお送りしています。(購読無料)
お気軽にご登録ください。

 

 

ネット活用のヒントを check!!

 

 

bnr checkfacebook
bnr checktwitter
 



 

無料メールマガジン「ネットの活用で、地方が変わる!」

ネットに関する様々な情報を地方という視点で捉え、地方のネット活用に活かせるヒントをお伝えします。購読無料で、解除も自由です。お気軽にご登録ください。

メルマガの紹介

 

地方のためのITニュース

地方はITニュースをこう読む
「地方」の視点でニュースを解説

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

お問い合わせ