地方のための ITニュース

地方の視線でITニュースを読む
2013/01/17(木) 05:47

鯖江市が行政データ「XML」形式で提供 全国初、加工可能に

投稿者: 雨宮伊織
鯖江市が行政データ「XML」形式で提供 全国初、加工可能に
鯖江市は、自治体としては全国で初めて高互換性コンピューター言語「XML」を活用し、市民参加型の情報提供を進めている。XML形式は従来の形式に比べて情報処理量…

雨宮伊織's insight:
「ガバメント2.0」というキーワードをご存知でしょうか。自治体側が最初から最後まで全部をやるのではなく、自治体は基盤となるデータを保有して API を公開することで、調査やサービスは外部の民間に任せてしまおうという考え方です。http://be-chu.com/customer/localgovernments.html
この動きが日本国内でも本格的にスタートしようとしているようです。自治体側のポイントは、技術的にスタートさせる前に、こうすることの意味や組織内の体制などをプランできる人材や部署を内部に確保することだと思います。形だけをマネして外部業者に事業委託してしまっては、形だけのものになってしまいます。ここが箱モノを作るのと、サービスを作るのとの大きな違いですね。d(^_^)

本文記事は↓からどうぞ♪
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20130115/CK2013011502000018.html

Read more http://www.scoop.it/t/localgovernmentweb/p/3995080832/-

無料メールマガジン「ネットの活用で、地方が変わる!」

ネットに関する様々な情報を地方という視点で捉え、地方のネット活用に活かせるヒントをお伝えします。購読無料で、解除も自由です。お気軽にご登録ください。

メルマガの紹介

 

地方のためのITニュース

地方はITニュースをこう読む
「地方」の視点でニュースを解説

お問合わせはこちらから

お問い合わせ