メールマガジン・バックナンバー

ネットの活用で、地方が変わる

title magazine

 

メールマガジン・バックナンバー

| バックナンバー一覧へ |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ネットの活用で、地方が変わる!

           ~地方はネットをこう使え~

                          2014/9/9
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


みなさん、こんにちは。
ビーチューの雨宮です。

9月になり、一気に秋になっている標高1,000mの高原です。
空気も秋の空気に入れ替わり、朝は布団から出るのが少し寂しい肌寒さです。

そんな高原の日々の景色は↓でご覧いただけます。
よろしければどうぞ♪(^_^)/
http://instagram.com/amemiya_i


今回もみなさんからお寄せいただいたご質問からピックアップして
お届けいたします!

取り上げてほしい質問がある方は、お気軽にお寄せくださいね♪ (^_^)/
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


■今週の質問━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃Q┃「SEO対策」と「広告」、どっちを依頼したらいいのでしょう…?
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

検索結果の上位に表示されないこともあり、サイトへの訪問者が思うよう
に増えません。SEO対策会社さんにお願いした方がいいのか、検索結果と
連動する広告(リスティング広告)を出した方がいいのか、どうしたらい
いのでしょう?


┏…┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┓
┃A┃事業内容と待てる時間によって考え方が違ってきます。
┗…┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…┛

このご質問、実はメールでお寄せいただいたのではなくて直接伺ったもの
です。

「SEO対策」と「リスティング広告」とがそれぞれどう違うのか…という
基本的な知識は今回は飛ばして、考え方だけを書いていきたいと思います。

結論から言いますと、「予算があるのであれば両方やった方がいい」です。
当たり前と言えば当たり前ですが…。その中で、SEO対策、リスティング広
告それぞれの注意点とポイントがありますので簡単にご説明します。


●リスティング広告の考え方と注意

リスティング広告は、とても簡単に言ってしまえば、「新規のお客さん
を開拓するのにいくらまでかけられるか」がポイントです。


広告をクリックして何名の方がサイトに訪れたのか…

      ↓↓

サイトに訪れた方のうち何名が資料請求・お問い合わせを
してくれたのか…

      ↓↓

資料請求・お問い合わせをしてくれた人のうち何名が購入
してくれたのか…(いくら購入してくれたのか…)


この流れの中で、どこまで広告費を出していいのかが決まってきます。
ですから必然的に、購入単価が高いものほどリスティング広告に予算を
かけてもいいことになりますね。d(^_^)

また、SEO対策に比べると、登録したその瞬間から広告を表示させること
ができますから、すぐに効果が期待できます。


●SEO対策(サービス)の考え方と注意

SEO対策の考え方は2012年から大きく変わりました。

詳しくは↓をご覧ください
 http://be-chu.com/magazine_archive/367-magazine_20130828.html

ですから、「SEOって、お金を払うと業者さんが検索結果の順位を上げてく
れるもの」と思っている方は、そもそも大きな勘違いをしていることになり
ますのでご注意を…(^_^;)

ご質問のケースでは、SEO対策業者さんの提案は、とある検索ワード(2種類)
で検索結果上位に表示させるもので、上位に表示された時だけ費用が発生す
る成果報酬とのこと。この会社さんが保有する外部サイトからリンクを張る
のだそうです。

この場合、2つのことを考えなくてはいけません。

一つ目は、外部サイトからリンクを張るという手法が Google のペナルティ
になるようなブラックな手法と判定されないか…ということ。その会社さん
が信頼できるかどうか…ということにつながってきます。

二つ目は、上位に表示された時にだけ費用が発生するので安心は安心なので
すが、解約とともに(支払いを辞めた途端に)外部からのリンクがなくなっ
てしまうということ。別な言い方をしますと、お金を支払っている間だけし
か上位に表示されない、ということです。
(ここはリスティング広告と同じですね)


●理想は…

理想を言えば、SEOによって集客できるのが一番だと思います。ただし、ここ
で言うSEOというのは、SEO対策業者さんにお願いして外部からリンクを張って
もらうということではなく、自身のサイトに有益な情報を掲載することによっ
て信頼あるサイトとして見てもらうという「王道」です。

お金を支払っている間だけ上位に表示される…というのでは、いつまで経って
も自社のサイトは成長してないわけですし、SEO対策業者さんに首根っこを捕
まえられているようなものですから「経営的に怖い…」ということは多くの
方がうすうす感じられることではないかと思います。

まずは「自社サイトを育てる」ことがとても大切です。

さらに、補完的にリスティング広告を被せていきます。SEOでは上位表示でき
ないキーワードであったり、SEOの結果が出るまでの間手っ取り早く情報を表
示させたりするこということですね。


ますはこのような理想的な形を理解していただいて、ビジネスの状態や社内ス
タッフとの兼ね合いで「どこをお金で解決するか」ということになるかと思い
ます。

とにかく人の手が回らないし、広告費をかけてでも今すぐ売上げを取りに行く
のであればリスティング広告だけに予算を投下するのもありですし、競合はま
だそんなに多くないし、じっくりとサービスを育てたいのであれば、コツコツ
とコンテンツを増やしてサイトを育てていくというのもアリです。

皆さんのビジネスでは、どういうスタイルになりそうでしょうか?


というわけで、今回はこれを覚えてくださいね! 

●ビジネスとの兼ね合いで、選び方は色々ある♪ d(^_^)


■今週のピックアップ━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

----------------------------------------------------------------------
■SEOと経営リスクの関係を考えてみる

 求人情報「リブセンス」株急落のなぜ SEOがうまく機能しなくなったせい、
 との見方
 http://www.j-cast.com/2014/05/16204973.html

 リブセンスが受けた検索ペナルティとは?安全なSEO対策はある?
 http://wakarukoto.com/?p=11513
----------------------------------------------------------------------

少し前の内容ですが、今回の内容に関係して取り上げたいと思います。

史上最年少上場で話題の「リブセンス」が、SEOに対するペナルティで業績が
悪化したという内容が今年の5月に話題になりました。

ビジネスのリスクとリターンとの関係でSEOをどう捉えるか、考えさせられる
内容ですので、ご存じない方はぜひご一読いただければ思います♪


                 それではまた次回をお楽しみに! (^_^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】株式会社ビーチュー
     http://be-chu.com/
     http://www.facebook.com/bechucom

     〒399-0213
     長野県諏訪郡富士見町乙事5162
     TEL / FAX : 0266-75-2076 (受付 : 平日 10:00-17:00)

【発行責任者】雨宮伊織 Amemiya Iori
    
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright (C) 2014 ■

このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
転載することはご遠慮ください。

※購読を解除される方は、
 下記フォームよりお手続きをお願いします。
 https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=138062


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




| バックナンバー一覧へ |

 

 

無料メールマガジン、購読申し込み

 

無料メールマガジン
「ネットの活用で、地方が変わる!」

ネットに関する様々な情報を「地方」という視点で捉えて、地方のネット活用に活かせるヒントをお伝えします。購読無料で、解除も自由です。
お気軽にご登録ください。

 

 

無料ニュースレターのお申し込み

 

無料ニュースレターをお送りしています(月1回発行)

地方目線で、ネットの活用やネット集客について紹介する月に一度のニュースレターをお送りしています。(購読無料)
お気軽にご登録ください。

 

 

ネット活用のヒントを check!!

 

 

bnr checkfacebook
bnr checktwitter
 



 

 

お問合わせはこちらから

お問い合わせ